Binance(バイナンス)レバレッジ取引!やり方やレバレッジトークンなどなど徹底解説

当記事では、世界最大手の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」でのレバレッジ取引について解説します。

Binanceのレバレッジ取引は種類が多岐にわたる上、始めるには専用ウォレットの作成が必要などやや分かりにくいところも。

そこで、あなたがBinanceでのレバレッジ取引をスムーズに始められるよう、分かりやすい情報をお伝えするために執筆しました。

そんな当記事を読んでいただければ、

  • Binanceのレバレッジ取引の概要
  • Binanceのレバレッジ取引の始め方
  • 先物レバレッジ取引とは
  • 現物レバレッジ取引とは
  • レバレッジトークンとは

などについて理解でき、迷うことなくBinanceでのレバレッジ取引を始められるでしょう。

>>早速、Binanceでレバレッジ取引を試してみたい方はこちら

目次

Binance(バイナンス)レバレッジ取引の概要

この章では、Binanceのレバレッジ取引の概要について解説します。

主には以下の通り。

Binanceのレバレッジ取引の概要
  • Binanceのレバレッジ取引は3種類
  • Binanceの最大レバレッジは20倍
  • 取引手数料は0.04%以下と安い

ではそれぞれ見ていきましょう。

Binanceのレバレッジ取引は3種類

Binanceには3種類のレバレッジ取引があります。

  • 先物レバレッジ取引
  • 現物レバレッジ取引
  • レバレッジトークンでの取引

具体的に見てみましょう。

先物レバレッジ取引

先物レバレッジ取引は、現物の授受はせず通貨ペアのポジション(建玉)を保有して差額利益を得る取引。

多くの仮想通貨取引所におけるレバレッジ取引とは、この先物レバレッジ取引のことです。

>>Binanceの先物レバレッジ取引の特徴はこちら

現物レバレッジ取引

Binanceでは、現物でもレバレッジ取引ができます。

この現物レバレッジ取引は、信用取引(マージン取引)の形にて売買する取引方法。

手元資金を担保にBinanceからお金を借りる取引方法で、先物レバレッジ取引と同じく少額から高い利益を狙えます。

しかしBinanceからお金を借りて取引している意識を、常に持つことが大切。

多くの利益が得られるチャンスがある反面、リスクを負っている事実を常に忘れないように取り組みましょう。

>>Binanceの現物レバレッジ取引の特徴はこちら

レバレッジトークンでの取引

Binanceのレバレッジトークンとは、バイナンスが2020年5月にリリースした独自トークン。

その名の通りレバレッジをかけた取引ができますが、現物市場で取引されます。

ですので、現物のようにロスカットリスクがありません。

また、現物レバレッジ取引(信用取引)のように担保を差し出す必要もないので、清算リスクもないのが特徴です。

>>Binanceのレバレッジトークンの特徴はこちら

Binanceの最大レバレッジは20倍

海外取引所最大レバレッジレバレッジ制限ロスカット水準
FXGT1000倍ポジション
1万ドルまで
50%
Bitterz888倍有効証拠金残高
25,000円まで
100%
CryptoGT500倍ポジション
1万ドルまで
100%
OKEx125倍無制限110%
FTX101倍無制限20倍以下3%~
50倍以上0.6%~
Bybit100倍無制限50%
BaseFEX100倍なし50%
Binance20倍ポジション
5万ドルまで
100%
Bitfinex3.3倍なし15%
POLONIEX2.5倍なし100%
国内取引所最大レバレッジレバレッジ制限ロスカット水準
GMOコイン2倍なし75%
DMMビットコイン2倍なし50%
bitFlyer2倍なし50%

Binanceの最大レバレッジは20倍で、国内取引所の2倍に比べれば圧倒的な高さ。

海外取引所では決して高くないものの、海外取引所ながら日本語にも対応する使いやすい取引所です。

ゼロカットにより追証もなく、借金の心配がないのも嬉しいポイントですね。

取引手数料が安い

Binanceの先物レバレッジ取引は、取引手数料が最大0.04%と安いのも魅力。

この基本取引手数料は、BNB(バイナンスコイン)を保有したり、招待コードを使うことで更に割引にすることができます。

以上、Binanceのレバレッジ取引の概要を解説させていただきました。

次章からはBinanceのレバレッジ取引の各種類について詳しく説明していきます。

まずは先物レバレッジ取引からいきましょう。

先物レバレッジ取引の特徴

この章では、Binanceの先物レバレッジ取引の特徴を解説します。

主には以下の通り。

先物レバレッジ取引の特徴
  • 取引タイプは2つ
  • レバレッジ取引モードは2つ
  • 最大レバレッジ20倍にはレバレッジ制限がある
  • 仮想通貨ペア毎に最大レバレッジが異なる
  • 手数料は安めでBNBで払えばさらに安い
  • スワップ手数料(資金調達手数料)がかかる

ではそれぞれ見ていきましょう。

取引タイプは2つ

Binanceの先物レバレッジ取引には、USDⓢ-M先物取引とCoin-M先物取引の2タイプがあります。

この2タイプの主な違いは以下の通り。

取引タイプ有効期限基軸通貨取引手数料
USDⓢ-MなしUSDTMaker:~0.02%
Taker:~0.04%
Coin-M四半期の期限付各仮想通貨Maker:0.015%
Taker:0.04%

初心者の方には、USDⓈ-Mがおすすめ。

というのも、USDⓈ-Mは価格変動の少ないUSDTとBUSDを基軸通貨としているからです。

Coin-Mは期限付きのため、取引手数料がUSDⓢ-Mよりもやや安価ですね。

BNB(バイナンスコイン)の保有を増やしていくことで、双方とも取引手数料は更に安くしていくことができます。

レバレッジ取引モードは2つ

Binanceの先物レバレッジ取引には、2つの取引モードがあります。

  • クロスマージンモード
  • 分離マージンモード

以下、具体的に見てみましょう。

クロスマージンモードとは

クロスマージンモードとは、口座残高の全てをトレードに使うモード。

デフォルトでは、このクロスマージンモードになっています。

口座残高の全てがトレードに使われるので、ロスカットされてしまうと口座残高のほとんどが無くなってしまうのが欠点ですね。

分離マージンモードとは

分離マージンモードとは、口座残高の一部をトレードに使うモード。

クロスマージンモードと異なり口座残高の一部のみをトレードに使うため、ロスカットされたとしても一定の金額が口座に残ることになります。

取引タイプ問わず最大レバレッジは20倍

先物の最大レバレッジは、USDⓢ-M、Coin-Mともに20倍です。

海外取引所としては控えめな水準ですので、更なるハイリターンを求めるならばCoin-Mでのトレードがおすすめ。

というのも、Coin-Mの基軸通貨は仮想通貨ですので、大きな価格変動が期待できるからです。

もちろんその分ハイリスクにもなりますので、リスク管理には充分気をつけてください。

取引手数料は安いうえ更なる割引がある

Binanceの基本取引手数料は0.1%と安いことに加え、BNB(バイナンスコイン)の保有量や招待コードによる更なる割引があります。

主には2つ。

  • 30日間の取引量かつBNB保有量
  • 紹介コードでの割引

以下、具体的に見てみましょう。

30日間の取引量かつBNB保有量

Binanceでは、「アカウントレベル」が高いユーザーほど取引手数料が安くなります。

アカウントレベルとは、「30日間の取引量」と「BNB(バイナンスコイン)保有量」に比例して決まる数値。

ですので、「30日間の取引量」と「BNB保有量」を意識的に増やしていくことが、取引コストを下げる重要なポイントといえるでしょう。

以下は、アカウントレベルに応じたUSDⓢ-Mの取引手数料です。

レベル30日間の取引量条件BNB保有量Maker / Taker
VIP 0< 250 BTCまたは≥ 0 BNB0.0200%/0.0400%
VIP 1≥ 250 BTCかつ≥ 50 BNB0.0160%/0.0400%
VIP 2≥ 2500 BTCかつ≥ 200 BNB0.0140%/0.0350%
VIP 3≥ 7500 BTCかつ≥ 500 BNB0.0120%/0.0320%
VIP 4≥ 22500 BTCかつ≥ 1000 BNB0.0100%/0.0300%
VIP 5≥ 50000 BTCかつ≥ 2000 BNB0.0080%/0.0270%
VIP 6≥ 100000 BTCかつ≥ 3500 BNB0.0060%/0.0250%
VIP 7≥ 200000 BTCかつ≥ 6000 BNB0.0040%/0.0220%
VIP 8≥ 400000 BTCかつ≥ 9000 BNB0.0020%/0.0200%
VIP 9≥ 750000 BTCかつ≥ 11000 BNB0.0000%/0.0170%

紹介コードでの割引

Binanceでは第三者から「紹介コード」を受けると、取引手数料の割引を受けることができます。

この割引は最大20%まで受けられますので、有効に活用してみましょう。

紹介コード割引の基本ルールは以下の通り。

  • 紹介コード発行者のBNB保有量で割引率が変化
  • 紹介コード発行者が決めた数値(分配率)で割引率が変化
紹介者のBNB保有量紹介者の基本紹介率紹介者の割引率紹介される人の割引率
<500 BNB20%20%0%
15%5%
10%10%
≥500BNB40%40%0%
35%5%
30%10%
25%15%
20%20%

スワップ手数料(資金調達手数料)がかかる

Binanceの先物レバレッジ取引では、8時間に1回の頻度でスワップ手数料(資金調達手数料)が発生。

スワップ手数料は、永久先物取引と現物取引の価格乖離を防止するための手数料です。

このスワップ手数料は、永久先物取引のポジションを保有しているだけで発生するもの。

発生するのは日本時間の1時、9時、17時で、ポジションを長期保有している人は気をつけておきましょう。

以上、Binanceの先物レバレッジ取引について解説させていただきました。

今度はBinanceの現物レバレッジ取引について、次章で見ていきましょう。

現物レバレッジ取引の特徴

この章では、Binanceの現物レバレッジ取引の特徴を解説します。

主には以下の通り。

現物レバレッジ取引の特徴
  • 最大レバレッジは10倍・5倍・3倍の3つ
  • 金利はBNBで払うと5%お得

ではそれぞれ見ていきましょう。

レバレッジは10倍まで設定可能

Binanceの現物レバレッジ取引では、最大10倍までレバレッジ倍率が設定できます。

ただし通貨によっては10倍設定ができないものもありますので、注意してください。

仮想通貨最大レバレッジ
ビットコイン(BTC)10倍
イーサリアム(ETH)10倍
リップル(XRP)10倍
ビットコインキャッシュ(BCH)10倍
ライトコイン(LTC)10倍
カルダノ(ADA)10倍
イーサリアムクラシック(ETC)10倍
リンク(LN)5倍

金利はBNBで払うと5%お得

現物レバレッジ取引では、金利が毎日発生します。

この金利は、BNBで支払えば5%の割引を受けることが可能。

金利をBNBで払うには、ログイン後に「ウォレット」→「マージンウォレット」と進んで「利子をBNBで支払う」をオンにしてください。

以上、Binanceの現物レバレッジ取引について解説させていただきました。

続いてBinanceのレバレッジトークンについて、次章で見ていきましょう。

レバレッジトークンの特徴

この章では、Binanceのレバレッジトークンの特徴を解説します。

主には以下の通り。

レバレッジトークンの特徴
  • ロスカットリスクなくレバレッジ可能
  • 手数料が毎日0.01%発生する

ではそれぞれ見ていきましょう。

ロスカットリスクなくレバレッジ可能

レバレッジトークンでは1.5倍〜3倍のレバレッジが可能ですが、ロスカットリスクがありません。

というのも、レバレッジトークンはあくまで現物での取引だからです。

ロスカットはレバレッジ取引最大の懸念材料ですから、これがないことはレバレッジ取引にて非常に大きなメリットですね。

手数料が毎日0.01%発生する

レバレッジトークンを保有すると、手数料が毎日0.01%発生します。

年間で3.65%ですから、手数料としてはかなり高額ですね。

これに加え、レバレッジトークンでもスワップ手数料が一日3回発生。

レバレッジトークンの長期保有は、コストが膨大にかかることを意識しておきましょう。

以上、Binanceのレバレッジトークンについて解説させていただきました。

ところで、Binanceのレバレッジ取引はどのような流れで行うのか。

次章にて、まずBinanceの先物レバレッジ取引のやり方から見ていきましょう。

先物レバレッジ取引のやり方

この章では、Binanceの先物レバレッジ取引のやり方について解説します。

主な流れは以下の通り。

先物レバレッジ取引のやり方
  1. 口座開設またはログイン
  2. 先物アカウントを開設する
  3. 現物ウォレットに入金する
  4. 先物ウォレットに資金移動する
  5. 取引タイプを選ぶ
  6. 取引モードを選ぶ
  7. レバレッジ倍率を決める

では順に見ていきましょう。

①口座開設またはログイン

Binanceで先物レバレッジ取引を始めるには、まず口座開設が必要。

Binanceの口座開設は無料で、本人確認も必要なく約1分ほどで完了します。

非常に手軽といえますね。

>>Binanceの口座開設はこちら

②先物アカウントを開設する

口座開設してマイページに入ったら、「デリバティブ」→「バイナンス先物の概要」とクリック。

Binance(バイナンス)レバレッジ先物アカウント開設1

続いて飛び先のページで「アカウントを開く」をクリック。

Binance(バイナンス)レバレッジ先物アカウント開設3

すると先物アカウントが開設され、先物アカウント画面(Binance Futures)が開きます。

③現物ウォレットに入金する

Binanceで先物レバレッジ取引をするには、現物ウォレットとは別の「先物ウォレット」への入金が必要です。

先物ウォレットへの入金は、現物ウォレットから資金移動させる形式。

よって、まず現物ウォレットへの入金を済ませましょう。

Binanceの現物ウォレットへの入金は、日本円には対応していません。

なので国内取引所で仮想通貨を購入してBinanceの現物ウォレットへ送金するか、直接Binanceで仮想通貨を購入してください。

④先物ウォレットに資金移動する

まず、Binance Futuresのマイページ右上の「ユーザーアイコン」→「ウォレット」→「フィアットと現物」とクリックします。

Binance(バイナンス)レバレッジ先物ウォレット資金移動1

Binance(バイナンス)レバレッジ先物ウォレット資金移動2

飛び先ページにて「振替」をクリック。

Binance(バイナンス)レバレッジ先物ウォレット資金移動3

するとポップアップが出現し、各項目の入力を求められます。

まず「振替先」として「USDⓢ-M」か「Coin-M」を選択。

そして「振替する通貨」と「金額」を入力して「承認」をクリックすれば、先物ウォレットへの資金移動は完了です。

Binance(バイナンス)レバレッジ先物ウォレット資金移動4

⑤取引タイプを選ぶ

「USDⓢ-M」か「Coin-M」を選びます。

Binance(バイナンス)レバレッジ先物取引タイプ選択

⑥取引モードを選ぶ

「クロスマージン」と「分離マージン」というレバレッジ取引モードを設定します。

クロスマージンは口座全額を取引に使うため大きな利益が狙えますが、ロスカットを受けると口座残高にほとんど金額が残らない点に注意しましょう。

以下のように、基本設定はクロスマージンになっています。

Binance(バイナンス)レバレッジ先物取引モードクロスマージン

一方、分離マージンは口座残高の一部のみを取引に使うため、ロスカット後はクロスマージンよりも多くの金額を口座に残すことが可能。

ただ、分離マージンを使いこなすには自身で資金管理して最適な金額を市場に投入するなど、トレーダーとしての高い技術が必要です。

分離マージンを設定するには、まず先程の「クロスマージン」をクリック。

すると以下のポップアップ画面が出てくるので、「分離マージン」を選択し「承認」ボタンを押せば設定完了です。

Binance(バイナンス)レバレッジ先物取引モード分離マージン

⑦レバレッジ倍率を決める

レバレッジ倍率の基本設定は最大レバレッジ20倍ですが、戦略的な取引をしたければレバレッジ倍率を変えることができます。

レバレッジ倍率を変更するには、まず20倍を意味する以下の数字「20x」をクリック。

Binance(バイナンス)レバレッジ倍率選択1

すると以下のポップアップ画面が出てくるので、希望の選択して承認ボタンを押せば完了です。

※最大レバレッジが20倍となった2021年7月19日より前に先物アカウントを開設された方は、最大レバレッジ125倍まで選択可能です。

Binance(バイナンス)レバレッジ倍率選択2

以上が、Binanceの先物レバレッジ取引のやり方になります。

現物レバレッジ取引のやり方

Binanceで現物レバレッジ取引を行うには、マージン取引用の口座を開設する必要があります。

マージン取引を始めるまでの手順はかなり複雑なため、気になる方はこちらのBinance公式ガイドを参照してみてください。

>>Binance公式のマージン取引ガイドはこちら

ところで、Binanceのレバレッジ取引にはどのような評判があるのか。

次章で見ていきましょう。

Binanceのレバレッジ取引の評判

この章では、Binanceのレバレッジ取引の評判について紹介します。

主には以下の通り。

レバレッジ取引の評判
  • Binanceの使いやすさや操作について
  • 最大レバレッジや手数料について
  • Binanceに関するその他の評判

ではそれぞれ見ていきましょう。

Binanceの使いやすさや操作について

トラブルが起きた際の迅速な対応が好評ですね。

早朝の問い合わせにも関わらずレスポンスが早いなど、問い合わせに対する回答スピードも高評価を得ているようです。

最大レバレッジや手数料について

やはり手数料の安さは非常に好評ですね。

また、BNBによる割引も嬉しいポイントなので、うまく利用すればかなりお得にトレードができます。

Binanceに関するその他の評判

バイナンス公式サイトは日本語表記もあるもののベースは英語のため、英語が苦手な方はやや敬遠してしまうかもしれません。

また、日本円で直接取引することもできませんので、注意しましょう。

以上、Binanceのレバレッジ取引の評判について紹介させていただきました。

ちなみに、Binanceのレバレッジ取引ではどのような点がメリットなのか。

次章で見ていきましょう。

Binanceでレバレッジ取引をするメリット

この章では、Binanceのレバレッジ取引をするメリットについて解説します。

主には以下の通り。

Binanceレバレッジ取引のメリット
  • 取引手数料が安い
  • 流通量が多く約定しやすい
  • 追証がなく借金の心配がない

ではそれぞれ見ていきましょう。

取引手数料が安い

Binanceの先物レバレッジ取引手数料は最大0.04%と、非常に低水準。

加えて、「30日間の取引量」と「独自トークンBNB(バイナンスコイン)保有量」を増やしていくことで、先物レバレッジ取引手数料をさらに安くすることができます。

流通量が多く約定しやすい

Binanceでのレバレッジ取引は、約定しやすくとてもスムーズに行うことができます。

というのも、世界最大手の仮想通貨取引所といわれるBinanceは、取引高も世界一。

ですから、流通量も非常に多いのです。

追証がなく借金の心配がない

Binanceでは、追証がなく借金の心配がありません。

それは、Binanceではゼロカットシステムを採用しているからです。

ゼロカットシステムとは、口座残高以上の損失が発生してしまってもマイナス分をBinanceが負担してくれる仕組み。

つまり、もし相場の急変動によりロスカットが間に合わずマイナス残高になってしまっても、口座残高以上の損失はないので借金は背負わずに済むということです。

以上、Binanceのレバレッジ取引のメリットについて解説させていただきました。

一方、Binanceのレバレッジ取引のデメリットにはどんなものがあるのか。

続いて次章で見ていきましょう。

Binanceでレバレッジ取引をするデメリット

この章では、Binanceのレバレッジ取引をするデメリットについて解説します。

主には以下の通り。

Binanceレバレッジ取引のデメリット
  • 日本円で取引できない
  • 損失が膨らむときは大きい
  • ロスカットされる証拠金維持率が100%と高い

ではそれぞれ見ていきましょう。

日本円を直接入金できない

Binanceでは、日本円で直接入金することができません。

Binanceへ入金するには、国内取引所で仮想通貨を購入してBinanceへ送金することが必要。

もしくは、Binanceで仮想通貨を購入してウォレットに仮想通貨を入金しましょう。

損失が膨らむときは大きい

レバレッジ取引で損失を被ると、現物での取引よりも損失が膨らむ金額が大きくなります。

例えば、100万円分のビットコインを持っていて10%下がった時。

現物取引なら損失は10万円ですが、レバレッジ2倍をかけていると損失は20万円ですね。

レバレッジ取引では、その倍率分だけ現物取引よりも損失が膨らんでしまうことを意識しておきましょう。

ロスカットされる証拠金維持率が100%と高い

Binanceのロスカットは、証拠金維持率100%で発動します。

同じく大手仮想通貨取引所であるFTX・Bybit・BaseFEXなどのロスカット水準が証拠金維持率100%であることを考えると、Binanceは他社よりも資金管理に余裕がありません。

含み損に気をつけつつちょくちょく入金するなどして、ロスカットを回避しましょう。

以上、Binanceのレバレッジ取引のデメリットについて解説させていただきました。

ところで、Binanceのレバレッジ取引では注意しておきたい点もあります。

次章でチェックしてください。

レバレッジ取引の注意点

この章では、Binanceのレバレッジ取引の注意点について解説します。

主には以下の通り。

Binanceレバレッジ取引の注意点
  • Binance先物は特定通貨への両替が必要
  • 先物では専用ウォレットへ送金が必要

ではそれぞれ見ていきましょう。

Binance先物は特定通貨への両替が必要

Binanceの先物レバレッジ取引の基軸通貨は、

  • USDⓈ-M:USDT・BUSD
  • COIN-M :仮想通貨

となっているため、事前にこれらの通貨を用意しておく必要があります。

国内取引所やBinanceの現物取引で、事前にUSDTなどを購入しておいてください。

先物では専用ウォレットへ送金が必要

Binaceでレバレッジ取引をするには、先物など各取引用ウォレットへ現物ウォレットから送金しなければなりません。

なぜなら、Binaceでは現物取引と先物レバレッジ取引とでウォレットが分かれているからです。

現物ウォレットや先物ウォレットなど、各ウォレットそれぞれの残高を常に把握しておくことを心がけてください。

以上、Binanceのレバレッジ取引の注意点について解説させていただきました。

ちなみに、Binanceのレバレッジ取引に関する質問にはどのようなものが多いのか。

次章で紹介していきます。

よくある質問

この章では、Binanceのレバレッジ取引に関するよくある質問をいくつか紹介します。

主には以下の通り。

よくある質問
  • Binanceのレバレッジは途中変更が可能?
  • ロスカットされる証拠金維持率は何%?
  • Binanceでは追証で借金を追う可能性は?

ではそれぞれ見ていきましょう。

Binanceのレバレッジは途中変更が可能?

可能です。

レバレッジ倍率の変更は、クロスマージン・分離マージンを設定するボタン右隣の数字「20X」を変えるだけ。

「20X」は基本設定である最大レバレッジ20倍のことで、1倍から20倍の範囲で変えることができます。

変更して「確定」をクリックすれば反映されます。

>>レバレッジ変更の詳しい説明はこちら

ロスカットされる証拠金維持率は何%?

100%です。

証拠金維持率が下がってきたら入金して率を上げるなどし、ロスカット回避の対策を意識しましょう。

Binanceでは追証で借金を追う可能性は?

ありません。

他の海外取引所と同じくゼロカット制度がありますので、口座残高以上の損失はないといえます。

以上、Binanceのレバレッジ取引に関するよくある質問をいくつか紹介させていただきました。

まとめ

最後に、改めてBinanceのレバレッジ取引についておさらいしましょう。

  • 先物レバレッジ取引では最大レバレッジ20倍
  • 現物レバレッジ取引では最大レバレッジ10倍
  • レバレッジトークンにはロスカットがない
  • 先物レバレッジ取引では専用ウォレット作成必須

Binanceのレバレッジ取引は他の取引所に比べて特徴的な部分が多いため、始める過程で迷ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、一つ一つ紐解いていけばとてもシンプルな上、レバレッジ取引をするには大変魅力的なスペックが揃っています。

仮想通貨のレバレッジ取引ならBinanceも非常におすすめですので、ぜひ試してみてください。

>>Binanceでレバレッジ取引を試してみたい方はこちら

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です