仮想通貨(ビットコイン)レバレッジ1000倍を徹底解説!ロスカット計算やリスクヘッジなどなど

当記事では「仮想通貨レバレッジ1000倍取引」について解説していきます。

現存の仮想通貨取引所でかけられるレバレッジの最高値は1000倍ですから、一攫千金が狙える反面、リスクが非常に高いという印象をお持ちかもしれません。

しかし、仕組み上では借金を抱えてしまうようなことは全くないですし、しっかりリスクヘッジをしていれば初心者でも安心して取り組めますよ。

そこで、あなたが仮想通貨レバレッジ1000倍取引を安心してスタートできるよう、主に以下の内容をお伝えしたく当記事を執筆いたしました。

  • レバレッジ1000倍のメリット
  • レバレッジ1000倍のリスクヘッジ
  • レバレッジ1000倍のおすすめ取引所

これらの内容を大まかにでも把握していただくことで、仮想通貨レバレッジ1000倍トレードを楽しく安全に取り組んでいただけるでしょう。

>>先に、レバレッジ1000倍ができる仮想通貨取引所を見たい方はこちら

仮想通貨レバレッジ1000倍は実は危険ではない?

1000倍クラスの高いレバレッジかけられる取引所では、借金をするほど損失が膨らむことはありません。

なぜなら、そうしたハイレバトレードができるのは海外取引所に限りますし、海外取引所にはゼロカットシステムがあるからです。

ゼロカットシステムがある取引所では、相場の急変動などでロスカットが間に合わずマイナス残高となってしまった際、そのマイナス分を取引所が補填してくれますよ。

つまり、国内取引所でいうところのいわゆる追証がありませんので、借金を背負う危険性はないんです。

ゼロカットという後ろ盾の存在を考えれば、1000倍というかなりのハイレバレッジでもそれほどリスクを恐れる必要はないですね。

レバレッジ1000倍というのが極端にリスキーではないことをお分かりいただけましたでしょうか。

次章では、仮想通貨レバレッジ100倍取引の魅力について見ていきましょう。

仮想通貨レバレッジ1000倍のメリット

仮想通貨レバレッジ1000倍取引のメリットは3つあります。

仮想通貨レバレッジ1000倍取引のメリット
  • 資金効率の良さはピカイチ
  • 自己資金が少なくても取引ができる
  • レバレッジの選択肢が広い
  • 最大レバレッジ1000倍はロスカットになる危険性が低い

一つずつ順にご覧ください。

資金効率の良さはピカイチ

仮想通貨取引をレバレッジ1000倍で行うなら、資金効率の良さはピカイチでしょう。

元手が1万円しかなくても1000万円分の取引ができますから、利益も1万円から得られる金額の1000倍になります。

短期間で大きな利益を狙うことができますね。

ただし含み損が膨らむスピードも早くなりますので、ロスカットリスクには注意してください。

自己資金が少なくても取引ができる

レバレッジ1000倍ができる仮想通貨取引所では、元手となる自己資金が少なくても取引を始めることができるメリットがあります。

トレードで必要となる元手(必要証拠金)は、

必要証拠金=取引量/最大レバレッジ

例えば、300万円分の取引をするときに必要な元手は、

最大レバレッジ1000倍→3000円
最大レバレッジ50倍→6万円

ですから、最大レバレッジが高いと3000円という少額でも6万円と同じ取引ができることになりますね。

試しに少額から仮想通貨取引を始めてみたいという初心者の方でも、十分な取引量でトレードすることができるでしょう。

レバレッジの選択肢が広い

レバレッジ1000倍トレードができる仮想通貨取引所では、変えられるレバレッジの範囲が非常に広いといえます。

1000倍でトレードできる取引所は最大レバレッジも1000倍ですが、1000倍でしかトレードできないわけではありません。

1000倍未満のレバレッジであれば、取引量を調整することで倍率を変えることができますよ。

例として、元手が5万円であるケースを考えましょう。

持てる取引量の最大は、5万円×1000倍=5000万円ですね。

ここから取引量を2000万円・400万円と下げた場合、レバレッジ倍率はそれぞれ以下のとおり変化します。

  • 2000万円/5万円=400倍
  • 400万円/5万円=80倍

取引量を増やせば倍率が上がり大きな利益が狙える一方、取引量を減らせば倍率が下がってリスクを抑えた取引ができるでしょう。

1000倍までレバレッジがかけられる取引所では、そのときの状況に応じて柔軟なトレードを展開することができますよ。

最大レバレッジ1000倍はロスカットになる危険性が低い

大きな取引量を持ちすぎなければ、最大レバレッジ1000倍はロスカットになる危険性は極めて低いといえるでしょう。

それは以下の式のとおり、最大レバレッジが高いほど、実はロスカットされにくい仕組みになっているからです。

ロスカットされる金額
=必要証拠金 × ロスカット水準
=(取引量/最大レバレッジ) × ロスカット水準

一つ検証してみますね。

例えば、ロスカット水準がともに50%で、最大レバレッジがそれぞれ1000倍・50倍という2つの取引所を比べましょう。

それぞれで600万円分のトレードを行うとき、ロスカットされる金額は、

  • 最大レバレッジ1000倍の取引所
  • →(600万円/1000倍) × 50%=3000円

  • 最大レバレッジ50倍の取引所
  • →(600万円/50倍) × 50%=6万円

となりました。

1000倍ほどの最大レバレッジを持つ取引所では、ロスカットになる危険性は極めて低いといえます。

以上、仮想通貨レバレッジ1000倍取引のメリットを解説させていただきました。

メリットが多いのは嬉しいことですが、ハイレバトレードを始めるにあたってはリスクヘッジを徹底したいところです。

次章で解説しますので、一緒に見ていきましょう。

レバレッジ1000倍のリスクヘッジ

仮想通貨レバレッジ1000倍取引におけるリスクヘッジの手段は、主に3つです。

レバレッジ1000倍取引におけるリスクヘッジ
  • デモトレードで1000倍の動きに慣れる
  • 損切りラインを決めて逆指値注文を入れておく
  • レバレッジを高く設定しすぎない

ではそれぞれご覧ください。

デモトレードで1000倍の動きに慣れる

デモトレードを使ってハイレバトレードの動きに慣れておくことは、1000倍ほどのレバレッジで取引するならば有効なリスクヘッジの一つといえるでしょう。

デモトレードとは、架空の資金を使って本番さながらのトレードを行えるシステムです。

主に海外取引所にてデモ口座というものを開設すれば、誰でも利用することができますよ。

レバレッジ1000倍ともなれば多少の値動きでも圧倒的スピードで損失が膨らみます。

ある程度このスピード感に慣れておかないと、一気に資金を失ってしまうでしょう。

デモトレードを使えば自己資金は一切失いませんので、本番前に思う存分1000倍トレードの練習をしてください。

損切りラインを決めて逆指値注文を入れておく

レバレッジ1000倍取引で多額の損失を生まないためには、損切りラインを決めることはもちろん、逆指値注文を入れてください。

逆指値注文というのは、あなたが決済したいと思う金額を事前に指定する予約注文です。

逆指値注文を入れておけば、値動きが指定された金額に到達するとシステムが自動的に決済してくれますよ。

1000倍取引は含み損益の拡大スピードが早いですから、手動で損切り決済しようとしても間に合わない可能性があるでしょう。

1000倍は業界トップのレバレッジですから、画面に張り付いてチャートを観察していたとしても逆指値注文の活用は必須といえますね。

レバレッジを高く設定しすぎない

たとえ最大レバレッジが1000倍でも、取引量を抑えてレバレッジを下げて運用することも大切なリスクヘッジです。

レバレッジ1000倍よりも600倍や70倍などで取引した方が、同じ値動きに対する損益は少ないですよね。

また、レバレッジ倍率を下げても最大レバレッジが変わるわけではありません。

ですので、取引量を下げてレバレッジ倍率を落とせば、ロスカットされる金額もさらに下げることができるでしょう。

レバレッジ1000倍ともなれば取引量の選択肢も広いですから、取引量の異なる複数のポジションを持って運用することをおすすめします。

以上、仮想通貨レバレッジ1000倍取引のリスクヘッジについて解説させていただきました。

レバレッジ1000倍といえどもリスクヘッジの徹底で大きな損失は回避できますので、早速1000倍にチャレンジしてみましょう。

続いて、レバレッジ1000倍トレードができる仮想通貨取引所を紹介します。

レバレッジ1000倍ができる仮想通貨取引所

ここでは、仮想通貨取引でレバレッジ1000倍がかけられる取引所を紹介します。

FXGT(エフエックスジーティー)

レバレッジ1000倍ができる仮想通貨取引所

仮想通貨のレバレッジ1000倍トレードができるのは、FXGTです。

FXGTの主な特徴4つ
  • 最大レバレッジは業界トップの1000倍
  • スプレッドが狭い
  • ロスカットラインが低い
  • 借金リスクはない

>>今すぐ無料で口座開設する(FXGT公式サイト)

それでは各特徴について詳しく見ていきますね。

最大レバレッジは業界トップの1000倍

1000倍という最大レバレッジの高さが、FXGTの一番の魅力といって良いでしょう。

短期での一攫千金が狙えることはもちろん、必要証拠金を大きく下げられる点において他の取引所よりロスカットされにくくなります。

最大レバレッジが高いと少ない元手からでもトレードを可能にしますから、まず少額から徐々に始めていきたい仮想通貨初心者の方にはとても良心的ですね。

スプレッドが狭い

FXGTのスプレッドは、他の取引所より相対的に狭いといえます。

ハイレバトレードでは含み損益の増減が大きいので、利確や損切りが頻繁に行われますよね。

そうなると取引コストがかさみますから、スプレッドが狭いことは非常に大きなアドバンテージになりますよ。

ロスカットラインが低い

FXGTのロスカット水準は50%で、仮想通貨取引所の中では低めといえるでしょう。

1000倍でトレードすると含み損益の増減が大きいため、証拠金維持率の上下幅も大きくなってロスカットラインにかかりやすくなります。

したがって、ロスカット水準が低いとポジション維持しやすくなるため、非常に助かりますよ。

借金リスクはない

FXGTも海外取引所ですので、ゼロカット制度があります。

レバレッジ1000倍の損益スピードともなれば、ロスカットが間に合わずマイナス残高を被る可能性も高いでしょう。

ですが、ゼロカット制度があるFXGTならマイナス残高を埋めてくれますので、あなたが借金を負うことはないので安心です。

以上、仮想通貨のレバレッジ1000倍トレードができる取引所として、FXGTを紹介させていただきました。

FXGTではデモトレードでレバレッジ取引の練習もできますので、まずは試しに無料で口座開設してみてください。

現在、FXGTでは豪華なキャンペーン期間中でもありますので、この機会をお見逃しなく。

>>今すぐ無料で口座開設する(FXGT公式サイト)

FXGTでのレバレッジ取引のより詳しい解説は、以下の記事をご覧ください。

>>FXGTでのレバレッジ取引の詳細はこちら

ところで、仮想通貨のレバレッジ1000倍トレードに関してはどのような質問が多く寄せられるのか。

次章でいくつか紹介していきます。

よくある質問

仮想通貨レバレッジ100倍取引に関する質問でよくあるものは、以下2つです。

よくある質問
  • 最大レバレッジ1000倍の取引所は怖い?
  • レバレッジ1000倍だと借金を負いやすい?

ではそれぞれ見ていきましょう。

最大レバレッジ1000倍の取引所は怖い?

怖くはありません。

最大レバレッジ1000倍だからといって、1000倍で取引しなければならないわけではないからです。

むしろ、選べるレバレッジ幅が広いので、「一攫千金を狙うトレード」から「地道に利益を積み重ねる低リスクトレード」まで、様々な目的に合わせたトレードができますよ。

しかも、最大レバレッジが高い取引所では必要証拠金が少ないので、ロスカットされにくくなります。

よってポジションを維持しやすくなりますから、この点においても1000倍という最大レバレッジの高さは非常に魅力的といえるでしょう。

レバレッジ1000倍だと借金を負いやすい?

負いません。

1000倍のような高いレバレッジでのトレードが可能なのは、海外取引所になります。

海外取引所であればゼロカット制度により追証がありませんから、借金を負うことはありません。

利益は無限大でも損失には限りがあるので、安心してレバレッジ1000倍に取り組んでみてください。

以上、仮想通貨レバレッジ1000倍取引に関するよくある質問を紹介させていただきました。

では最後にまとめます。

まとめ

1000倍といえば仮想通貨取引でナンバーワンのハイレバレッジですから、この倍率でのトレードは億り人への最短距離となるでしょう。

もちろんハイリスクはつきものですが、ゼロカットという後ろ盾により借金はなく、リスクヘッジを徹底すれば損失も十分小さく抑えられることをご理解いただけたかと思います。

仮想通貨のレバレッジ取引をするならば、1000倍トレードの魅力はぜひ経験しておかないと損ですね。

>>レバレッジ1000倍ができる仮想通貨取引所はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。